竹の伐採検討

竹林
竹林

 

メイン農地のがけ下に2,000㎡の土地を借りる予定です。もと養豚場であり、農地ではないためトイレの設置や下水道との連結など、レストスペースの自由度が得られると想定しています。

ただ、ご覧の通りの竹林です。調べたところ、竹退治は本当に厄介そうです。

業者にお願いしたら、数百万円はかかりそう。。。

根っこを掘り返さないとどんどん新しい竹が生えてくるので重機で掘り返さなければならない!?

立地は良いのですがどのように整地しようかすごく悩み、いろいろ調べています。

今のところ、冬の時期、1メートルの高さで伐採する方法を今度の冬に試してみようと思っています。

1メートルの高さで伐採すると、竹は切られたことに気が付かないということで、どんどん水と養分を根っこが供給していきます。でも上は伐採されているので水があふれてくる、、、。そうすると根っこはさらに水と養分を供給するので、根自身も弱って最終的には竹も、根も枯れてしまう。そんな理屈があるみたいです。

参考サイト

参考1

 

参考2

 

それに加えて、伐採した竹をどう処理するのかが問題。農業目的であれば燃やすということもできるようなのですが、どんだけの量を燃やせばよいのか、、、途方もない量だと思います。産廃業者に引き取ってもらったらこれも大きな費用がかかるはず。。効率よく処理する方法を考えています。今のところ、ウッドチッパーなる粉砕機をレンタルするか、中古を買うか、といった検討をしています。

CHiPSTARチプスター スイングハンマー方式粉砕機

参考4

費用はレンタルだと1日1万5千円~。中古だと30万円~。新品だと100万円くらい(強力なものだと)。

冬までにどうするか、要検討です!

 

おたけ

ブルーベリー農園を実家の千葉県で2020年オープン目指し父親、叔父と共に準備中です。大粒で甘い完熟ブルーベリーを土汚れがない快適な環境でご提供します。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする