育成準備その3:苗を植える

宅配便で届いた苗
宅配便で届いた苗

 

ポットにアクアフォームを一次充填できたら苗を植え付けていきます。

苗は宅配便(佐川さんとかヤマトさんといった普通の宅配便)でこのように届きます。

1つの段ボールに20~30鉢入っています。苗業者によって入り方はまちまちで、丁寧に梱包してくれているな、というところと雑!というところありました。

この段ボールを軽トラックで畑に運び、開梱し、ポットに一鉢づつ置いていきます。

ここからが次の地獄の始まりでした。

アクアフォームに苗を入れて、それを全体重かけて押します。アクアフォームはほとんどが水分なのでめちゃめちゃ縮みます。

最初ポットに山盛りに入れたのに、苗入れて押すと苗の土の部分の方が上に来るくらい減少します。

苗はアクアフォームの中に根を張り巡らせるのでアクアフォーム充填量が多いほど育成が良くなります。

そこで、減った分をさらに追加し、再度押す、ということを1,200鉢分やりました。

日数にすると10日くらいはずっと押し続ける日々でした。。。

植えたての苗
植えたての苗

 

その繰り返しの結果が上の写真のように、鉢の上の方までアクアフォームが詰まった鉢が完成。となります。

手のひらで押すのですが、ずーっと、何時間もやっていると翌日、指が腫れるんです。そして全部の指が突き指になったように痛むのです。これはほんとにきつかったです。完成までに、叔父、祖父、両親、家族、友人も手伝ってくれ、本当に感謝です。

また何より、苗に愛情を持つようになりました。こんだけやったんだから、かわいくないわけがない!

立派に成長してもらいたいな。と思います。

 

沖縄の友人
沖縄の友人

東京に遊びに来たついでに手伝ってくれた沖縄の友人。

おたけ

ブルーベリー農園を実家の千葉県で2020年オープン目指し父親、叔父と共に準備中です。大粒で甘い完熟ブルーベリーを土汚れがない快適な環境でご提供します。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする