剪定と後片付け完了

今年1年の成長に向けて剪定を行いました。

剪定は安馬師匠に伝授いただいたのですが想像以上にばっさばっさと切ることに驚きました。

剪定後の状態
剪定後の状態

まず、細い枝は全部切る。太い枝だけを残すというのが基本方針です。そうするとまだそんなに育成していないのでブルーベリーたちはどんどん素っ裸の状態になっていきました。ブルーベリーは枝葉からも実をつけるのですが、細い枝から供給される栄養分は多く行きわたらないため小さい実が多くなる。逆に幹に近い太い枝になる実は栄養分が行きわたり大きな実をつける。ということで今年は花芽があってもばっさばっさと切ったためほとんど実はならず来年のオープンに向けて成長の年としました。しっかり育って欲しいなぁ。

といってもラビットアイの比較的太い枝の花芽は少し残したのでちょっとだけ収穫できると思います。3月になり、つぼみが色づいてきました。

3月のつぼみ
3月のつぼみ

おたけ

ブルーベリー農園を実家の千葉県で2020年オープン目指し父親、叔父と共に準備中です。大粒で甘い完熟ブルーベリーを土汚れがない快適な環境でご提供します。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする